総量規制対象外のメリットを確認!カードローンをもっと知ろう

yotaka85_okdemashita15123949_tp_v1

カードローンの利用者にはいろんな立場の人がいますよね。

アルバイトやパートに正社員等また、学生や主婦、年金受給者とあらゆる年代で利用されています

少ない金額での借り入れならいいのですが、たくさんのお金を必要としている方等、実際にカードローンの利用目的も様々でしょう。

「もっとたくさんの融資を受けたい!」

「期日までにどうしても高額な借り入れをしたい!」

しかしながら、ここで一つ問題になるのは総量規制の問題。
利用者の年収の三分の一までしか借りることができないと法律で定められています。

ookawapin555_tp_v1

この総量規制ができる前は、消費者金融などが返しきれないお金を貸し債務超過や多重債務が社会問題になっていました。
その抑制のためにできた規制ということですね。

それなら、結局のところ高額融資なんて受けることはできないの?そう思うかもしれませんね。

ですが銀行はちょっと違うんです。

総量規制の対象外とは

総量規制とは貸金業法における法律であり、銀行法による銀行に関しては規制の対象外となっています。

同じカードローンであっても、消費者金融と銀行とでは審査の過程や金利等、多くの違いがあることがわかるでしょう。

総量規制対象外のメリット

規制を受けないこと、つまり利用者の年収三分の一を上回る融資を受けられるのは大きなメリットです。

銀行で借りることの安心感もあるのでいいですね

yotaka85_okdemashita15123949_tp_v1

もともと銀行のカードローンの多くは消費者金融に比べ、借入れできる上限の金額が高く、年収制限を受けないことで高額融資が可能になるわけです。

更に、低金利であることも魅力の一つでしょう。

利用者からしてみれば毎月の支払いにかかる金利がネックですよね。
それが少しでも安ければ余計な出費を押さえらることになるでしょう。

総量規制における収入証明書

カードローンの審査の際、収入証明書を提出をもとめられます。

通常のルールとして一つの業者から50万円を超える場合か、貸金業者でのトータル借入が100万円を超える場合には必ず証明書を提出しなければなりません。

ところが総量規制対象外の銀行では、この借入の上限が更に大きくなります。

  • 限度額300万円以下・・・三井住友銀行、オリックス銀行、イオン銀行
  • 限度額200万円以下・・・みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行
  • 限度額100万円以下・・・新生銀行のレイク

収入証明書といえば源泉徴収や所得証明書等をあらかじめ準備しなければならないので、この金額までそういった書類が不要であることで余分な手間を省くことができるということです。

それでも銀行のカードローンは難しい?

ここまで総量規制対象外におけるメリットを説明しましたが、しれば知るほど銀行のカードローンを利用したほうがお得なイメージがありますよね。

でも「銀行のカードローンって審査が難しそう」、「又は借りるまでに時間がかかりそう」、そんな風に考える人も多いと思います。

比較的審査通りやすいものや、即日融資を受けられるもの等使い勝手の良いカードローンもありますので、よく考えて総量規制対象外の銀行カードローンを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です