おまとめローンは総量規制対象外!金利を下げて返済額を減らそう!

freee151108188680_tp_v1

数社から同時期に利用していれば、それぞれ違った金利がかかり、返済日も同じ日とは限りません

こんな場合、ただ管理するだけでも大変ですね。

金融機関によっては高い金利を毎月払い続けていることになりますし、結局のところ総額でいくらの返済をしているのかも分からなくなってしまいそうです。

そこで考えられるのがおまとめローン。数あるローンをまとめてしまって一本の債務として返済しようということですね。

freee151108188680_tp_v1

おまとめローンは総量規制対象外!銀行?それとも消費者金融?

おまとめローン自体いくつかの債務を一本化するわけですから、どうしても借り入れ金額って大きくなってしまいます。

総量規制があると三分の一を簡単に超えてしまうことから消費者金融であっても、おまとめローンであれば規制の対象外となっています。こういった事から、消費者金融では、おまとめ専用のカードローンを準備しているのですね。

「それなら銀行でも消費者金融、どっちでもいいの?」そう思うかも知れませんね。ですが、それぞれ特徴が異なり、まず総量規制対象外の銀行では金利設定が低いので月々の返済が抑えられ、結局トータルの支払い額が少なくなります。

もっともその分審査が厳しくなってしまう事が難点ですが・・・

takebe055122558_tp_v1

消費者金融は審査自体は甘いのですが、金利が高くなってしまう可能性があります。

そもそもの限度額低い為におまとめローンは結局のところ銀利用した方が良いかも知れませんね。

更に言えば、銀行のおまとめローンでは限度額が高いので、追加融資をできる可能性があるので、より多くの資金を手にすることができるでしょう。

おまとめローンの意義は?

とにかく、現状借りている様々な条件の債務を一本化して、今より楽に返済できることが一番の目的ですよね。

もっと言えば、支払い総額が多重債務の時の金額よりも少なくすることができれば、おまとめにする意義はあるでしょう。

そしてもう一つ、返済日がたった1回で済むということです。たくさんの債務であれば、うっかり忘れてた、なんて事もあるかもしれませんしね。

銀行カードローンのおまとめ

おまとめローンはどこの銀行でも利用できると言う訳ではありません。これから紹介する銀行がその対象です。

  • オリックス銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • イオン銀行
  • ソニー銀行
  • 住信SBIネット銀行

オリックス銀行が金利の部分では、3.0~17.8%と高い設定になってしまっているのですが、それ以外では14%前後と比較的低金利と言えるでしょう。

更には、限度額も800万円~1000万円と高いので、おまとめローンとしては最適ですね。

おまとめローンで無駄な出費を抑えましょう

ここまで銀行カードローンでのおまとめの魅力を説明しましたが、ここで一つ気をつけなければならない事があります。

おまとめをすることによって、逆に返済総額が増えることがないようにしなければなりません。いくら銀行で金利が低いとはいえ注意するべきでしょう。

その為にも、返済計画を十分にたてた上で利用するようにしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です