カードローンの総量規制対象外とは。いくらまで借りれるってこと?

 

いざカードローンを利用するとなった時、一体いくらくらいまでなら借りることができるのでしょう?

自分の思うままの金額?それならば返済能力をはるかに超えてしまうかもしれませんよね。

その為に貸金業法では総量規制と呼ばれる法律が2010年に施行されました。それより以前は借りすぎることによって返済が滞り生活ができなくなってしまったり、そこに付け込む悪徳業者の横行で社会問題に発展していたのです。

総量規制とは

年収に対して三分の一までしか借りることができないという制限が総量規制と呼ばれるものです。この規制により借りすぎを抑制しようと考えた訳ですね。

tsuch160130520i9a6560_tp_v1

カードローンの利用者には個人や事業者など幅広い訳ですが、総量規制では個人向けの借入だけがその対象となります。

総量規制の例外等

個人向けの規制ではあるものの、例えば緊急を要する医療費であったり、特別な事例の場合は規制の例外です。

不動産購入や自動車購入における担保等は除外事項となっています。

総量規制の対象外

総量規制はあくまでも貸金業者に対してかかるもの。消費者金融や信販会社、クレジットカード会社がそれに当たり、個人向け借入が規制の対象である訳ですが、法人である事業者や個人でも事業としての借入の場合は、ビジネスローンとして総量規制の対象外です。

銀行カードローンは銀行法によるものなので、これも総量規制の対象外になります。

いくらまで借りれるのか!?

総量規制の枠内なら、当然に年収の三分の一までしか借りることはできませんが、規制の対象外ではそれ以上の金額を借りれるということになりますよね。

ただ、初めてカードローンを利用する場合、おおよそ年収の半分くらいをメドに借り入れできるようです。むしろそれ以上の金額を借りるのは非常に難しいと言えるでしょう。

もちろん、そこは審査次第。利用者の信用情報がどういう状況かによっても、大きい金額を貸してしまって返済できなければダメですからね。

更に言えば、返済実績のある無しも重要で、十分な実績で追加融資の申請をし、カードローンの限度額を引き上げる事ができるのです。

me_biz20160902112315_tp_v1

総量規制対象外のカードローンってどんなものがあるの!?

いわゆる総量規制対象外の銀行カードローンには次のような金融機関を利用できます。

  • 三菱東京UFJ銀行 パンクイック
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行カードローン
  • オリックス銀行
  • 新生銀行カードローン レイク
  • 楽天銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • 住信SBIネット銀行

銀行カードローンといえば、金利も比較的に低く、何より銀行という安心感が一番ですよね。

総量規制対象外でも返済は計画的に

多くの金額を借りるということは、それだけ返済も大変であると言うことですよね。

十分に返済計画を建てた上で、借り入れできるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です